電話代行2

仕事がなかなか思うように進まない、と日頃の業務の中で感じているといった人に、仕事を円滑に進める為のちょっとした裏ワザ、テクニックを紹介したいと思います。

まず最初に、いろんな作業が溜まってしまって早く消化したいのに、電話が頻繁になるので、出ない訳にもいかず通話にばかり時間をとられてしまうという方、電話代行のサービスはご存知でしょうか。
電話代行は、昔からある安心して利用できるサービスの一つです。
電話代行のサービスは大きく2つに分けられ、事務所の電話対応と、広告や、商品の問い合わせ等の対応をする場合があります。
この電話代行サービスを利用すれば、忙しくて手が回らないような時に、無理をして電話に出なければいけないことが無くなるので、集中して業務に取り掛かれるようになるでしょう。
当然、その分作業効率がアップするので利益にもなります。

次に、スケジュール管理がどうしても苦手だと思ってしまう、自分でスケジュール管理を上手くすることができない、という方にお勧めするのが、ワークフロー制度です。
ワークフローとは、ビジネスの手順を規定することにより、スケジュール管理が行われやすい環境を作ることです。
つまり、ワークフローを活用することで、作業の内容や手順を流れ図にまとめて作業するようになるので、混乱することなく、円滑に作業が進められるようになります。
スケジュール管理と同時に、作業の流れをより分かりやすくする為の手段としてワークフローという方法が存在するのです。

電話代行

作業がスムーズに進むメリットを活かして、テレアポや電話代行にも応用されてます。
決められた手順にしたがって行うテレアポや電話代行に相性がよく、貴重な時間をムダにすることが少なくなり、企業には必須のものと言えますから、テレアポや電話代行の組み合わせによるメリットも理解すべきです。

また、ビジネスにおけるプロジェクト作製の場面では、作業の進捗率や納期は絶対的な重要事項ですし、補他の作業者との意思の疎通をとらなければなりませんから、ワークフローで作業効率を上げた上で、スケジュール管理もしなければなりません。
この場合、ワークフローとスケジュール管理を一括してできるソフトもあり便利です。
このように、ワークフローは、現代の忙しく、手間の煩雑なビジネスを効率的に進める必須システムで、電話代行など日常の作業やスケジュール管理にまで広く深くビジネスの現場にに組み込まれていますから、導入を考えている経営者の方は、ワークフローの概念をよく理解する必要があります。

管理

ビジネスの円滑化や効率化・スケジュール管理のためには、ワークフローの導入を考えているビジネスマンも多くいますが、この「ワークフロー」とは一体何の事なのでしょうか。
また、このシステムを導入した場合にどんなメリットが得られるのでしょうか。

ワークフローとは、流れ図を書き、一連の業務の手続きを決める事を言います。
具体的には、業務の各作業工程とこれに関わる人と情報を図に示すことです。
これによって、作業の順番や、誰がどの仕事を担当しているか、必要な情報や材料は何かなどが、ひと目で分かることになり、作業が混乱せずスムーズに進行することになります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031